コラム

継続検査OSSの条件について

継続検査OSSの条件について

継続検査OSSを実施するには下記5点の条件があります。

 

①申請代理人による申請
 行政書士法に基づき、代理人(行政書士、自販連、日整連、全軽自協※)を経由して申請する必要があります。
 ※全軽自協は軽自動車のみが取り扱えます。

 

②自賠責の電子化
 e-Jibai、メーカーシステム、整備業務システム等で自賠責の電子化をする必要があります。

 

③保適証の電子化
 日整連の保適証サービスを利用して保適証を電子化する必要があります。

 

④承諾書の取得
   自賠責および保適証の電子化にはユーザーの同意が必要のため、署名もしくは記名/押印された承諾書に得る必要があります。

 

⑤検査手数料および重量税の電子納付
 検査手数料および重量税が電子納付となります。収入印紙が使用できません。

 

 

ご不明点がございましたら当協会までお気軽にご連絡ください。

 

 

 

トップへ戻る